目眩と吐き気 原因

原因が思い当たらないのに目眩と吐き気に覆われる病気があります

スポンサーリンク

 

ある日突然目眩と吐き気に襲われる病気があります。
メニエール病や突発性難聴は、内耳周辺のリンパの流れが悪くなり、内リンパ水腫が起こることが原因といわれています。
共に症状が似ていますが、突発性難聴は、突然耳が聞こえなくなる症状が強く、30%程の人が目眩を発症します。
メニエール病は目眩と吐き気の症状がひどく、吐き気止めを服用して症状を抑えないと、落ち着いて治療を行うことができません。
どちらの病気も生活習慣が乱れていたり、ストレスを抱えている人に起こりやすい病気です。
日頃から蓄積した疲労が原因で発症してしまいます。
また、耳の病気には目眩と吐き気が付き物です。
内耳周辺にはバランス感覚を司る三半規管があり、内耳の不具合が三半規管や耳石に影響を与えます。
また、顔面神経も周辺にあり、顔のしびれやこわばりが起こることもあるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

目眩や吐き気を抑えるためには抗目眩薬の服用以外にも、自律神経の乱れを改善したり、血流改善薬によって流れの悪くなったリンパの余分な水分を吸収し、むくみを治していきます。
むくみには水分を排出させる利尿薬を用いる事もあります。
自分では特に原因もわからずに目眩が起こるために精神的に大きな不安を抱く人もいます。
そんな時は安定剤や抗ヒスタミン薬などの抗不安薬を使用し、神経の高ぶりを鎮めていきます。
メニエール病は一度めまいや吐き気が治まっても繰り返し発作が起こる場合があります。
一度治まったからと安心せず、耳鼻咽喉科に早い段階で相談しましょう。
これらの薬物療法でも改善しない場合には、内リンパのむくみを直接緩和させるために手術を行うことができます。
症状を悪化させないためにも日頃からの生活習慣を見直し、正しい食生活やストレスを溜めにくい環境作りが予防に繋がります。

スポンサーリンク