めまいどめ 薬 影響

めまいどめ薬は容易に使用しない

スポンサーリンク

 

めまいには様々な要因があります。
若い女性に多いタイプがメニエール病という病気の場合と貧血からなることもあります。
少し高齢になると自律神経が乱れ吐き気やめまいを引き起こすことがあります。
市販薬にもめまいどめとして販売されている商品があります。
しかし様々な要因があるため効果的であるかは不明です。
若い女性に多い貧血によるめまいではヘム鉄と葉酸、両方含まれた製品を使用することをお勧めします。
これはヘモグロビンができる過程で両成分が必要で鉄だけで治らない場合もあるためです。
また貧血の場合薬を服用してもすぐには治りません。
めまいどめとして効果を発揮するまでには1か月程度かかり、大体3カ月ほど服用した方が再度貧血になりにくいとされています。
これは貯蔵鉄が溜まるのに少し時間が必要になるためです。
めまいがひどい場合まず鉄剤を試してください。

スポンサーリンク

市販の鉄剤を1か月くらい服用し効果がない、または回転性めまいが生じている場合一度に病院を受診することをお勧めします。
特に回転性めまいの場合市販薬ではほとんど対処できなく、日常生活にも支障が生じるためすぐに受診した方がいいです。
病院で処方されるめまいどめは市販のものと違い、診断に基づくため効果が期待できます。
男性の場合貧血になることは滅多にありません。
また女性ほど更年期障害が大きくないため自律神経異常になりにくいとされています。
よって男性のめまいは痩せなどからくる栄養不足以外では一度きちんと調べてもらった方がいいです。
耳の構造的に問題があり疲れると症状が発症することもあります。
男性はストレスに弱い一方、仕事によるストレスを受けやすい環境下にあるため知らない間に症状が現れ、事故を起こす場合もあるため女性より男性のめまいは心配した方がいいです。

スポンサーリンク