自律神経失調症 ツボ めまい

原因がわからないめまいは自律神経失調症かもツボを上手く刺激して

スポンサーリンク

 

急にめまいが起こると、びっくりして不安になります。
ぐるぐる回るような症状やフワフワした症状などがあります。
心配な時は、耳鼻科で診察してもらうのが、原因がわかりやすいです。
三半規管の異常から起こることが多いので、耳鼻科に行くとすぐにわかります。
多くの場合、三半規管の異常は少なく原因は特定できない事が多いのです。
耳鼻科で異常がないことがわかっても実際にめまいが起きているのですから、心配になります。
そんな時は、自律神経失調症からめまいが起こっていると考えてください。
雲の上を歩いているようなフワフワしためまいの場合、自律神経失調症からくることが多いです。
自律神経失調症は、ストレスによって起こることが多いので、とにかくゆっくり休んでください。
無理をすると耳鳴りなどの症状も出てきてしまうので、早めに休養をとることが大切です。

スポンサーリンク

自律神経失調症からくるめまいに効果があるツボは、平衡感覚をもどすツボと、血流を良くするツボを押すことによって効果があります。
完骨と言って耳の後ろにあるツボを押すことによって、頭の血流が良くなってふらふらするのを予防します。
他にも首筋の後ろ側は、ほとんどが頭の血流を良くしたり、肩こりや首こりにも効果があるので、首の後ろ側は丁寧にマッサージをしてあげると気持ちも良く頭もすっきりしますので、めまいの予防に役立ちます。
自律神経失調症の症状からくる場合は、体の他の部分にも何か不調が起こっていることが多いので、とにかく体を休めることと、無理をしない生活を心がけると徐々に症状が落ち着いてきます。
薬で抑える治療もありますが、できれば自分の体の再生力で治すことが出来れば安心です。
整体や針灸院などで専門の方にマッサージやツボを押してもらうことも改善のひとつになると思います。

スポンサーリンク