めまい 動悸 疲れやすい

めまい、動悸、疲れやすいといった症状があるとき

スポンサーリンク

 

病院で検査してもらっても異常がないのに、めまい、動悸、食欲不振、不眠、疲れやすいなどの症状が治らないのであれば、自律神経に関係があるかもしれません。
自律神経とは、意識しなくても自動で働く神経のことをいいます。
例えば、心臓を動かしたり、胃腸を動かしたりといったことです。
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経は、活動している時によく働き、効率的に体を動かせるようにする神経です。
副交感神経は寝ていたり休んでいたりする時によく働き、体が休める状態になります。
一般的に交感神経は、日中に体を動かすために働きが強くなり、副交感神経は夜に寝るために働きが強くなります。
こういった機能を持つ自律神経がストレスにより不調をきたし、めまい、動悸、食欲不振、不眠、疲れやすいといった症状が出る場合は、自律神経失調症の可能性があります。

スポンサーリンク

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが乱れることで体に様々な不調が出ることです。
休むべき時に休まずに無理して仕事をしたりすると、交感神経がいつまでも働いて、体は緊張状態が続いてしまいます。
そうすると体を休ませることができなくなり、自律神経に誤作動がおきて、めまい、動悸、食欲不振、不眠、疲れやすいといった症状が出てくるのです。
自律神経失調症の対策としては、リラックスすることです。
自律神経が乱れる原因の多くは、交感神経が働きすぎているからです。
いつも体に力が入っているため、緊張状態が続いて体が休めていないのです。
体に力が入っているなと思ったら、リラックスして力を抜くように意識すると副交感神経が働いてバランスが取りやすくなります。
自律神経の不調は、誰にでも起こります。
しかし、自己判断でなんでも自律神経失調症と片付けてしまうのは危険なので、注意したいところです。

スポンサーリンク