めまい 薬 アデホスコーワ

めまいに効果がある薬アデホスコーワ

スポンサーリンク

 

めまいとは、体の機能のバランスが崩れると起きる場合があります。
症状は様々で「自分がぐるぐる回っているような感じ」「自分の周りがぐるぐる回っているような感じ」「雲の上を歩くようにふわふわした感じ」など症状も様々です。
原因は、体の平衡感覚をつかさどる、三半規管の異常や脳の神経や視床からの異常など原因も様々なので治療も様々です。
多くのめまいは、耳からきているものが多く内耳にある三半規管の内部のリンパ液が体の動きによってリンパ液も動くので、その流れの変化に耳石器に乗っている炭酸カルシウムの小さな結晶がたくさんあって、これがリンパ液が動く時に一緒に動いて体の平衡感覚を保つように脳に指令を出しています。
これらの動きに何らかの原因で異常が現れると、上手く脳に指令がいかなくなってめまいが起こってしまうのです。

スポンサーリンク

めまいの治療に薬で症状を改善する方法があります。
アデホスコーワという薬ですが、作用として血管拡張作用によって血流を増加させ、生体内の代謝を活発にして臓器の機能を改善させます。
心不全・消化器官低下による慢性胃炎・メニエール病や内耳障害に基づくめまいの治療に使われる薬です。
アデホスコーワの飲み方ですが、1回1gを1日3回服用します。
飲み忘れた時は、気づいた時に早めに飲んで下さい。
間違って2回分を1度に飲むことはしないで下さい。
主な副作用は、胃腸障害や吐き気やかゆみなどです。
心配な時は主治医に相談して下さい。
アデホスコーワという薬は、慢性的な症状を改善して言う為に飲む薬なので、長い期間飲むことになる場合が多いです。
すぐに効果が期待できるものではなく、臓器そのものの機能をじわじわと改善していく薬なので、劇的に変化を感じられなくても根気よく飲んでいくことによって、めまいの改善に繋がります。

スポンサーリンク