めまい 病院に行く タイミング

めまいがする時の病院に行くタイミング

スポンサーリンク

 

めまいは日常生活において身近な症状で、様々な病気の前兆として起こる場合もあります。
また、めまいと同時に頭痛や吐き気などが同時にあらわれるケースもあります。
めまいは大きく分類して3つのケースに分けられます。
一つ目が「回転性」のもの、二つ目が「全身性」のもの、そして最後に「浮動性」のものです。
回転性の症状の場合、激しく目が回ることが特徴で、時に立っていられないほど目が回る場合もあります。
そして、吐き気や不快な耳鳴りを伴う場合も多々あります。
これらの症状が出た場合は耳鼻咽喉科の病院に行くことをお勧めします。
タイミングとしては複数の症状が同時に現れたときです。
「全身性」の症状は立ちくらみによく似ています。
原因が体の器官の異常ではなく、血流障害の場合が多い為、睡眠不足や食生活の乱れをまずは正します。
病院に行くタイミングは生活習慣を見直し改善しても、一向に症状が治まらない時になります。

スポンサーリンク

最後に「浮動性」の症状ですが、姿勢が自分の意志で思うように保てなかったり、体がフワフワと浮くような感覚が続いたりといった症状が現れます。
また、同時に手足がしびれたり、激しい頭痛がしたり、物が二重に見えたりというような症状も現れる場合もあります。
これらの同時に現れる症状は神経障害であり、その原因は脳の障害からきている可能性が大きいと言えます。
脳に何らかの障害があり、平衡感覚をつかさどっている脳幹や小脳の働きが低下してしまうことにより、めまいや神経障害が発症します。
場合によっては命にかかわるような脳梗塞や脳腫瘍などの重い病気の前兆として現れるケースもあるため、これらの症状を覚えた際はすぐに脳神経外科、もしくは神経内科の病院に行くべきです。
タイミングを逸してしまうと重い後遺症に悩まされたり、場合によっては命も落としかねない為、特に注意が必要です。

スポンサーリンク