めまい症 種類 原因

めまい症の種類と考えられる原因について

スポンサーリンク

 

めまい症の原因は、実際種類によって異なります。
例えば、比較的多いめまいとして知られている体が揺れるような症状は、動揺性や浮動性のめまい症です。
考えられる原因としては、脳血管障害やストレス、血圧の異常などが挙げられます。
また、ぐるぐると周囲が回って見えるめまい症は、メニエール病などの病気が主な原因です。
こういった種類のめまいは、耳鳴りや難聴を伴うこともあります。
めまい症の中には、過去の怪我が原因となっている種類もあります。
良性発作性頭位めまい症は、一般的に原因不明として扱われる症状です。
ですが、このような症状がみられる方は、以前に頭部の怪我などを経験していることが多いと言えます。
一つの後遺症としてめまいが現れていることがあるのが、この種類の特徴です。
メニエール病も、怪我が発症の引き金になるケースが見られます。

スポンサーリンク

めまいは、正確に原因を把握することが非常に大切です。
特に脳や血圧、循環器の異常が関係している場合は、命にかかわるケースも出てきます。
従って、最低でも一度は医師に相談することが大切です。
画像検査などで異常がないことが分かれば、消去法で他の病気を疑っていくことが出来ます。
背景にある問題が不明の場合でも、漢方などを利用して改善を試みることが可能です。
現在では、ストレスによるめまいも非常に増えています。
こういっためまいには、自律神経の乱れが関係しているのが常です。
多大なストレスは自律神経を乱れさせることがあるため、努めてリラックスすることが重要となります。
交感神経と副交感神経のバランスをとることが、概して必要なアプローチです。
スムーズな切り替えが出来ることが、めまい症状を改善するためのポイントになります。

スポンサーリンク