めまい 薬 イソバイド

めまいの薬であるイソバイドについて

スポンサーリンク

 

めまいなどの症状が体に現れることがあります。
疲れが関係しているということもありますが、何か大きな病気が関係していることもあります。
したがって必ず病院を受診して検査を受けるようにします。
そこで病院を受診したときに、めまいの症状を抑えるために薬が処方されるようになっています。
この時に処方される薬としてイソバイドというものがあります。
イソバイドとはどのような特徴があるのかというと、殻団の余計な水分を取り除くようになっています。
基本的にめまいの治療に使われるようになっています。
イソバイドにはどのような作用があるのかというと、利尿役の一種となっています。
腎臓で水分を引きつけることで尿の量を増やすようになっています。
そこで内耳のリンパ液を排出したり脳圧や眼圧を下げるというような働きもあります。
したがってメニエール病の治療に使われるようになっています。

スポンサーリンク

この薬を服用することで、内耳液を正常化することができるようになっているので、症状を改善することにつながります。
緑内障や脳圧亢進の際の脳圧低下に適応することができます。
イソバイドを服用するときには注意をしなければいけないことがあります。
持病やアレルギーのある人は、医師にしっかりと伝えておく必要があります。
また尿がほとんどでないという人や急性腎不全にの際には使われることがありません。
心臓病や腎臓病の際のむくみにも適していません。
ここでは循環血液量が多くなるので、逆に心臓の負担になることがあるからです。
この薬は症状によって服用量や方法が異なっています。
したがって医師の指示にしっかりと従うようにします。
中には飲みにくいと感じる人がいますが、この場合には冷たい水で2倍に薄めて飲むこともできます。
副作用は少ない薬となっています。

スポンサーリンク